2017年10月10日

【分かったこと】幼稚園の運動会とカメラとレンズ

今回は「わかったこと」として、


幼稚園児の運動会(屋外)に必要なカメラとレンズについて


お話ししたいと思います。


2017年10月8日(日)に我が子(年少)の運動会に参加してきました。


もちろん私はカメラ役です。


今回使ったカメラは「FUJIFILM X-T2」で、


レンズは「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」の一本です。


なぜ一本だけしか持っていかなかったかというと、我が子の幼稚園は


お昼休憩がないからです。(これが普通なのかな?)
(午後12時半に終了)


常に遠目にいる我が子を望遠側で狙い撮りする感じだからです。


結論:
カメラは動体追従性能が良いカメラの方が良いですが、


かけっこは一瞬で終わってしまうため、そこそこ動体追従をしてくれる


カメラで十分だと思います。かけっこ以外はほぼ「AF-S」でした。


問題はレンズの焦点距離です。


今回持っていった「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」は、


35mm判換算で「最大約300mm」です。


十分じゃね?と思ったんですけど、あと一声足りない感じでした。


できればもう少しズームしたい!っていうシーンが少々ありました。


しかし、XF55-200mmのレンズには


テレコンバーターを付けることができないんですよ。


じゃー、XF100-400mmのレンズを買うのかとなると、価格も高いし、


その後の使い道がない人もいるかと思います。


そこで、私が思うには、「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」のレンズに


2倍のテレコンを付けて撮影すのが良いのかなと思いました。


XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRに2倍のテレコンを付けると、


35mm判換算で「最大約425mm」です。その代り、F値は2倍暗くなります。


F2.8通しのレンズなので最小F値は5.6になります。


でも、屋外での運動会ならF5.6でもまず問題ないです。


むしろ開放や開放に近いF値で撮影するのはやめた方がいいでしょう。


運動会は毎年あるけど、その年の運動会は基本的には一生に一度限りです。


当たり前ですが、F値を5.6以上で撮影した方が、


ピントが合ってる可能性が高いのです。


とりあえずピントさえあってればオッケーです!(私的には)


ブレてる写真はダメですけどね・・・。


まとめ:
幼稚園児の運動会(屋外)には、

1.動体追従性能のがまあまあなカメラで良い

2.レンズは35mm判換算で300mm以上が良い(できれば400mm以上が望ましい)

3.F値は5.6以上が良い(F8ぐらいがちょうどよかった感じです)

4.シャッタースピードは1/500以上が良い

5.ISOはAUTOで、上限はISO3200までの設定で良いと思います。

以上です。参考になれば幸いです。





posted by オノット at 17:25| 東京 ☀| FUJIFILM X-T2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする