2020年01月17日

【1000キロ乗ってみて】ベンツBクラス 200d AMGライン

ベンツBクラス 200d AMGライン ピュアレッド


ベンツBクラス 200d AMGラインを約1000キロ走らせて


わかったことをお話ししたいと思います。


まずは平均燃費から。


平均燃費は自分の場合、「約20.5キロ」でした。


自分が走行するのは職場までで、「片道約45キロ」あるのですが、


「23キロが高速道路、22キロが一般道路」という感じで


高速道路と一般道路を半々で走る感じです。


ちなみに、「平均時速は約36キロ」です。


平均燃費が20キロを超えてくるのはすごいなー!と感じてます。


昔から自分の頭の中には、海外の車は燃費が悪いというイメージが強いからです・・・。


時は2019年・2020年。外車も日本車に負けないぐらい燃費が良いんですね。


次に、乗り心地についてです。


乗り心地は、乗る人の感覚によって違いますが、


自分の場合、B200d AMGラインの乗り心地はかなり良い!と思います。


リアはマルチリンク式ではなくトーションビーム式ですが、


そこまで突き上げ感もなく快適な走行性能を確保できてると思います。


ただ、やはりタイヤの扁平率も薄いため、AMGラインじゃない方が乗り心地が


よりマイルドになることは間違いないと思います。


前に乗ってたのがA250 シュポルト 4MATICでしたので、自分の場合だと


これぐらいの突き上げ感や横揺れは気にならないレベルです・・・。

A250 SPORT 4MATIC
A250 Sport 4MATIC


MBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)は、はっきり言って微妙です。


これではまだまだ使い物にならないですね。iPhoneのSiriとかも頻繁には使いませんよね?


それと同じ感じです。


その他、シートは人間工学に基づいて作られてるそうですが、別に特別座りやすいってことはないです。


一番の不満点は、コインをしまうところがないとこです。


昔のベンツにはあったんですけどねー。


あと、CDも入れる場所がなくなり、聞けなくなりました。


今どきはUSBやBluetoothなんでしょうけど、やはりCDは聞けるようにするべきです。


こんな感じで、1000キロ乗ってみた感想を簡単に書いてみました。


posted by オノット at 13:39| 東京 ☀| 商品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする