2017年02月18日

【光】光源をどこに持ってくるか

ポートレート撮影を想定しています。


どこに光源をもってくるかで写り方がどう変わってくるのか


超簡単に検証してみました。


撮影条件:
カメラ:FUJIFILM X-T2
レンズ:XF35mm F2
モード:プログラムオート撮影
測光モード:マルチ


まずは、「逆光」です。
逆光.JPG

光源が被写体の真後にあります。
被写体が全体的に暗く写りました。
屋外ポートレート撮影でやりがちな失敗例ですよね。
こういう場合、フラッシュを活用して被写体を明るくするのがセオリーですね。
ただし、被写体を黒つぶれさせて、シルエット調にするのは失敗ではありませんね!


次は、「順光」です。
順光.JPG

光源がカメラの真後ろにあります。
被写体の上から下まで光が当たっています。
順光はハイライトが強く、シャドーが弱いため、のっぺりとした写真になりますね。
白飛びする可能性もすごい高く、あまり好ましくないと思います。


次は、「サイド光」です。
サイド光.JPG

光源は被写体の真横にあります。
サイド光は被写体の半分だけ光が当たっている状態になります。
ドラマチックな写真が撮れる可能性が高くなると思います。
ただし、強烈な光源だと半分は白飛びし、半分は黒つぶれする可能性も
あるので、注意が必要です。


最後に、「斜逆光」です。
右斜逆光.JPG

僕はこの斜逆光が好きです。
被写体の輪郭が光で浮き上がり、被写体の上から下まで適度に光が回り、
白飛びや黒つぶれの心配も少なく、立体感のある写真が撮影できると思います。


改めて、光源を被写体のどこに持ってくるかを考え


写真を撮るってことがとても大事だなと気づきました。


被写体や表現方法によって光の配置を変えて撮影するので、


逆光が悪いとか、順光が良いとかってのはありません。


光を上手に操って写真を撮りたいもんですね^^






posted by オノット at 02:15| 東京 ☀| FUJIFILM X-T2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

【写真】XF90mmF2 R LM WR


カメラ:FUJIFILM X-T2
ISO:200
SS:1/500
F値:14
FS:Provia
JPEG撮って出し

Bridge





posted by オノット at 22:09| 東京 ☀| FUJIFILM X-T2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

【違い】オート vs. マニュアル

オート撮影、便利ですよね。


僕も普段はフルオート撮影です。


基本的にオート撮影で満足なんですけど、


僕にとって、逆光時だけはマニュアル撮影が必須です。


カメラ:FUJIFILM X-T2
レンズ:XF35mm F2



これがフルオート撮影です
XF35mm
建物が黒つぶれ寸前ですね。
(ss1/550 f5.6 iso800 DR200)



そして、これがマニュアル撮影です
XF35mm
これだと空の色は薄いけど、建物は適正露出になっています。
(ss1/250 f4.5 iso800 DR400)


ほんのちょっとした設定の変更でだいぶ写り方が変わってきます。


ってか、この写真両方とも「Provia」なんですけど、


こういう写真撮るなら「Velvia」でしたね^^;


ProviaからVelviaにするというちょっとしたマニュアル設定は


忘れるという・・・。


とまぁ、こんな感じで写り方が変わってきますので、


マニュアル撮影、是非やってみてください^^





posted by オノット at 17:50| 東京 ☀| FUJIFILM X-T2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする