2019年06月19日

【初パンク】ベンツA250 SPORT 4MATIC

初めてパンクを経験しました。


結論から言いますと、右側後輪のタイヤに約2cmの釘が刺さってました


いつも通り、車を走らせていたら、タイヤの空気圧異常を知らせる


警告メッセージが出てきました。


どうしたんだろう?と思い、近くのガソリンスタンドに行き


空気圧のチェックをしてみたところ、右側後輪の空気圧がなんと


半分以下(110kpaぐらい)になっていてびっくりです。


目視で何か刺さっていないか確認したんですが、その場では何も見つけることはできませんでした。


とりあえず、空気圧を正常の220kpaまで入れて、その日はそれで帰宅しました。


帰宅後、ベンツのディーラーに、タイヤがパンクしていること伝え、パンク修理の予約を取りました。


次の日にディーラーへ持っていくと、やはり釘が刺さってパンクしてる状態でした。


約1ヶ月半前に空気を入れて、空気圧異常警告が出るまでに約半分空気が抜けていたので、


ざっと計算すると


「減った空気圧110kpa÷経過日数45日=一日で約2.44kpa」


の空気が抜けていました・・・。


一か月に±20kpaぐらい変動があるとタイヤに異常があるかもという記事があったので、


自分の場合、一日に「マイナス2.44kpa×30日=マイナス73kpa」なので、相当異常でした(笑)


ただ、ここで言いたいのは、パンクに気づかなかったことです。


それはお前が鈍いんだよ。とか、それはお前がアホだからだよ。とか思うかもしれませんが、


本当に空気圧異常の警告が出るまで、空気が抜けて走りにくくなったなとか感じるような


ことはなかったんですよね〜。本当に怖い話です。これからはちょくちょく空気圧のチェックを


心がけようと思います。


ちなみにですが、パンク修理に約3,500円かかりました。



posted by オノット at 14:25| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする